妊娠中の血小板減少

こんにちは


本日は


The New England Journal of Medicine July 5, 2018 Vol. 379 No. 1
“Platelet Counts during Pregnancy”


をご紹介いたします。


妊娠中に血小板は低下しますが、合併症を有しない妊娠中の女性の血小板数が 150,000/mm3 未満で、ほかに原因が特定されなければ、妊娠性血小板減少症とされています。(報告によります)


妊娠中の複数の生理学的変化は、血小板数の低下に寄与する可能性があります。 メカニズムのひとつとして妊娠中に起こる血漿量の増加による血小板の希釈が考えられます。また、脾臓のサイズが大きくなると、血小板のプールが増え、血小板数が減少します。 したがって、妊娠中に起こる脾臓サイズの50%の増加も、血小板数の低下に寄与する可能性もあります。


妊娠中の血小板減少症の発症と重症度は明確にされていません。今回の報告は合併症のない妊娠の女性に関する妊娠中の血小板数、妊娠性血小板減少症の重症度、および妊娠後の妊娠性血小板減少症の再発リスクを調査しています。


<方法>
2011~14 年にオクラホマ大学医療センターで出産した15−44歳女性の妊娠中の血小板数を評価しています。妊娠女性の血小板数を1999~2012 年に全米健康栄養調査に参加した非妊娠女性の血小板数と比較しています。
妊娠第 1 三半:妊娠0〜13週
妊娠第 2 三半:14〜27週
妊娠第 3 三半:28〜42週
分娩時
産褥期:分娩後4〜12週
に分類し血小板数を測定し合併症の有無を調査しています。


<結果>
出産 15,723 件のうち、7,351 例が解析対象で、このうち 4,568 例が合併症を有さず、2,586 例が妊娠合併症を有していました。さらに197 例が血小板減少症に関連する既存疾患を有していました。合併症を有しない妊娠女性において、妊娠第 1 三半期(平均妊娠週数 8.7 週)の平均血小板数は 251,000/mm3 であり,非妊娠女性 8,885 例の平均血小板数(273,000/mm3)よりも減少していました(有意差あり)。分娩時には、合併症を有しない妊娠女性の 9.9%で血小板数が 150,000/mm3 を下回っていました。合併症を有しない妊娠・出産時に、血小板数が 100,000/mm3 を下回ったのは 45 例(1.0%)のみでありました。血小板数が 80,000/mm3を下回った合併症を有しない妊娠女性 12 例のうち、血小板減少症の原因がないと確認されたのはわずか 5 例のみでした。分娩後平均7.1週間で、合併症のない妊婦の血小板数は、非妊娠女性の血小板数のレベルに回復していました。産褥期に女性で測定された血小板数が妊娠前の血小板数と類似していると仮定すると、平均血小板数は妊娠中に推定17%減少していました。妊娠性血小板減少症の既往がある女性の再発性妊娠性血小板減少症のリスクは14.2倍高かった。


<結論>
全ての女性において平均血小板数は妊娠中に減少していました。減少は妊娠第 1 三半期に始まっていました。重度の血小板減少症は、妊娠関連の合併症を有する女性でさえも稀でした。子癇前症または血小板減少症に関連した既往症のない血小板数が100,000/mm3 未満の女性では、妊娠またはその合併症以外の原因を考慮する必要があると結論付けています。


妊婦健診で採血する機会がありますので、血小板を気にしてみてはいかがでしょうか。
もちろん100,000/mm3未満の方でもほとんど問題なく出産されていますので、心配しすぎもよくありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。