AMHと早発閉経は関連する?

閉経年齢は年齢、BMI、喫煙期間、妊娠歴などが影響すると言われています。しかし、AMHについては様々な報告があります。


今回信頼性のある前向き研究で、AMH値と45歳までの閉経と関係しているか調査した2018年6月のHuman reproductionで発表された報告をご紹介いたします。


”Anti-Müllerian hormone levels and incidence of early natural menopause in a prospective study”


西洋人の早期自然閉経の罹患率は高く、45歳までに閉経する女性は10%ほど存在するようです。基本的には閉経してしまうと妊娠はできなくなり、早発閉経に伴うホルモンの変化は、心血管疾患、骨粗鬆症、認知低下および他の慢性疾患のリスクを増加させる可能性があります。 出生率の低下が始まる前に早期閉経を予測することは、女性が出産のタイミングについて、より情報に基づいた決定を下し、治療の選択肢を検討することを可能できます。


この報告はAMHレベルが早期閉経のリスクと関連するかどうかについて、前向きに評価しています。


結果は年齢、性別、不妊症およびその他の要因を調整した後の分析でも、45歳未満の閉経とAMHレベル低値との間に強い相関関係が認められました。 


このため生殖機能低下のリスクファクターの有無にかかわらず、健康な女性において早期閉経リスクを知るマーカーとして、AMHが有用と報告していました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。